歯に色がついてしまう原因とその対処法についてまとめてみた!

 
 
 
 
飲食が原因のステインの色つけ色とりどりの飲料やお食事を活用することによって、歯に汚れやステイン(色素)がへばり付きし着色のきっかけとなってしまいます。そうしてステインが張り付いてしまうといつもの歯みがきではやすやすと落ちません。頭に入れておいてほしいことはステインの原因となってしまうオーソドックスな食品には次にあげるようなものがあがっています。
 
 
 
 
飲料:コーヒー、コーラ 、赤ワイン、紅茶など
食品:チョコレート、ケチャップ など
 
 
これ以外には、合成着色料が元の食べ物やたばこも着色になるきっかけです。
 
お伝えしたいのはこういった食品の好きな方などタバコを吸われる方はお気をつけください。
 
男の人に様々いる、コーヒーをのんでタバコを吸うというようなことは100パーセント歯を黄ばませてしまいいますからお気を付けください。歯の汚れが元になる黄ばみや黒ずんだ部分ステインが元となる着色が歯の表面でもたらされていることに比べて、歯の内側がきっかけとなって黄ばみや黒ばみがスタートするケースがあります。
 
虫歯の診査が起因となる変色虫歯の治療で歯の神経を引き抜くケースがありますが、神経をなくした歯は日数と一緒に黒ずんでいきますというのが一般的です。これ以外頭に入れてほしいことは、治療跡に被せた金属や当てものが経年劣化で変色し、歯が黄ばんだように思えてしまうこともあるでしょう。
 
 
 
頭に入れておいてほしいことは歯の磨き過ぎが元となる黄ばみ歯ということは黄色に近い色をさせた象牙質と白色澄みきったエナメル質の2層構造というものです。
 
表面のエナメル質に影響されて歯が白く見えることになりますが、加齢や歯の磨き過ぎなどすることでエナメル質が希薄になってしまうことになれば、内側にある象牙質がクリアーに感じられるようになり歯が黄ばんで見えてしまうことになるのです。
 

歯面にソフトな歯みがき剤を

 
 「着色をきれいにする」「歯を白くする」とうたったハミガキ剤が、たっぷりと売りに出されています。
しかしながら、粗い研磨剤でガリガリこすりつけてしまいさえすれば、着色だけに限らず歯面も併せて削れ、歯面がザラザラに陥ってしまいます。覚えておいてほしいのは着色は、
ザラザラしたゾーンに貼り付きしやすい特質が見られるため、ますます着色が付きやすくなり、どうしようもない状態になります。歯みがき剤を採り入れるときは、“汚れの吸着”といったものなど歯面にダメージを与えないアレンジが行なわれているかをチェックしましょう。皮膚の黒ずみをパックでキレイにするイメージです。
 

 

 着色を吸着除去!

 
着色撤去歯磨き剤は1週間に1?2回だけ 歯磨きの役回りは、
着色をきれいにすること以外に、すみずみまでブラッシングしてムシ歯・歯周病防御をやること。デンタルクリニックの先生がでアドバイスされたように、歯を1本1本しっかりとブラッシングしようとすればは、期間をかけて向上させることが求められます。しかしながら、日々の時間を注ぎ込んだ歯みがきに、
着色除去歯みがき剤を使用してしまいさえすれば、
 
歯面をダメにする危険性もあると思います。
 
覚えておいてほしいのは着色除去ハミガキ剤の使用は、1週間に1?2回くらいにしておき、
常日頃の歯みがきとして、研磨剤無配合で、ムシ歯・歯周病予防といったもの、お口状態にフィットする歯みがき剤がオススメです。貼りついて時間が経っていない着色は、歯みがき剤で取り去れますが、しっかり引っ付いてしまった着色は、家の中では除去できません。これ以外に頭に入れておいてほしいことは、歯石がくっついたりしてザラザラしたポイントや、歯ブラシの届きづらいくぼんだ部分というようなものは、着色が付きやすくなります。
 
デンタルクリニックでメンテナンスを受けよう デンタルクリニックを一定サイクルで診察し、歯のお手入れ(歯面清掃)や、歯石除去をスタートさせていただいてください。プロフェショナルな方法で、着色をきちんときれいにしますので、歯の健康に沿いながら、当初からの白くすっきりとした外観上つながります。これ以外に頭に入れておいてほしいことはは、歯面がツヤツヤだということですので、タバコやコーヒーなどの着色が貼り付きにくくなります